読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

リヨン×ローマ[EL]

EL


2016-17シーズン UEFA EL 決勝T1回戦1st leg
キックオフ:3月10日(金) 5:05

リヨン 4-2 ローマ
[得点]
8分 ディアカビー(リヨン)
20分 サラー(ローマ)
33分 ファシオ(ローマ)
47分 トリッソ(リヨン)
74分 フェキル(リヨン)
90分+ ラカゼット(リヨン)

[リヨンメンバー]
ロペス
モレル
ディアカビー
マンマナ→71分 フェキル
ラファエウ→46分 ジャレ
トゥザール
ゴナロン
ゲザル→76分 コルネ
トリッソ
ヴァルブエナ
ラカゼット

[ローマメンバー]
アリソン
マノラス
ファシオ
フアン
ペレス
ストロートマン
デ・ロッシ→82分 パレデス
ナインゴラン→85分 ペロッティ
エメルソン
サラー
ジェコ→90分+ エル・シャーラウィ

[リヨン採点]
6.5 ロペス
6.0 モレル
6.0 ディアカビー
6.0 マンマナ
6.0 ラファエウ
6.0 トゥザール
6.0 ゴナロン
6.5 ゲザル
7.0 トリッソ
7.0 ヴァルブエナ
7.5 ラカゼット

6.0 ジャレ
6.5 フェキル
採点不可 コルネ

[ローマ採点]
6.5 アリソン
5.5 マノラス
6.5 ファシオ
5.5 フアン
6.0 ペレス
6.0 ストロートマン
6.0 デ・ロッシ
6.0 ナインゴラン
6.0 エメルソン
6.5 サラー
5.5 ジェコ

採点不可 パレデス ペロッティ エル・シャーラウィ

[感想]
リヨンの選手を見たくて見た試合でしたが、思ってた以上の好ゲームでした。リヨンの攻撃力には驚かされました。ラカゼット、ゲザル、ヴァルブエナ、トリッソの4人の攻撃は素晴らしかったです。ラカゼットは点をいっぱい取る選手だということしか知らなかったので、考えを改める機会になりました。キープ力、ボールを受ける動き、繋ぎのパス(38本のパス成功率100%を記録。両チーム合わせて唯一のパス成功率100%)、守備への貢献と今のCFに求められることを全てやっていた気がします。トリッソと2人で崩したシーンと、4点目の豪快なシュートは誰が見ても素晴らしいと思います。足りないところをあえてあげるとしたら、ドリブルで数人を抜いていくテクニックと高さぐらいですかね。初めて見たのでわかりませんが。リヨンがもったいなかったのは最初の失点ですね。ディアカビーが滑ったのか目測を誤ったのかよくわかりませんが、あのミスで無駄にアウェイゴールを与えてしまいました。

ローマは予想より守備がダメでしたね。リーグではユベントスに次いで2番目に失点が少ない(27試合でユベントスが18失点、ローマが25失点)ので、4失点はチームとしても珍しいのではないでしょうか。リヨンの出足の速さが原因か、パス成功率もリヨンと比べると良くなかった(リヨン83%、ローマ78%)です。あとは交代が遅いのが気になりました。



ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
ご覧いただきありがとうございます。