サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

トッテナム×チェルシー[プレミアリーグ]

 
2016-17シーズン プレミアリーグ第20節
キックオフ:1月5日(木) 5:00

トッテナム 2-0 チェルシー
[得点]
45+分 アリ(トッテナム)
54分 アリ(トッテナム)

[トッテナムメンバー]
ロリス
ダイアー
アルデルヴァイレルト
フェルトンゲン
ウォーカー
デンベレ→74分 ウィンクス
ワニヤマ
ローズ
エリクセン
アリ→86分 シソコ
ケイン→90+分 ソン

[チェルシーメンバー]
クルトワ
アスピリクエタ
ダビド・ルイス
ケイヒル
モーゼス→85分 バチュアイ
カンテ→79分 セスク
マティッチ
アロンソ→65分 ウィリアン
ペドロ
ジエゴ・コスタ
アザール

[トッテナム採点]
6.0 ロリス
6.0 ダイアー
6.0 アルデルヴァイレルト
6.0 フェルトンゲン
6.0 ウォーカー
6.5 デンベレ
7.0 ワニヤマ
6.0 ローズ
7.5 エリクセン
7.5 アリ
6.0 ケイン

採点不可 ウィンクス シソコ ソン

[チェルシー採点]
5.5 クルトワ
5.5 アスピリクエタ
5.0 ダビド・ルイス
5.5 ケイヒル
5.0 モーゼス
5.0 カンテ
5.5 マティッチ
5.0 アロンソ
5.0 ペドロ
5.0 ジエゴ・コスタ
5.0 アザール

5.0 ウィリアン
採点不可 セスク バチュアイ


[感想]
トッテナムチェルシーに完勝。試合前に予想してたよりもずっと力の差がありました。トッテナムは前節主力を温存&早めに交代して臨みました。一方チェルシーはストークとの点の取り合いでうまく休ませられず、コンディション面では少しトッテナムが有利だったと思います。

トッテナムデンベレとワニヤマの中央の堅さがすごいです。サイドのウォーカーとローズもプレミア屈指ですし、確実にいいところに蹴るエリクセンとしっかりと決めるアリもさすがですね。エースのケインが目立たなくても勝てるのは素晴らしいです。

チェルシーは層の薄さが垣間見えました。アロンソとモーゼスのWBはここまでうまくいってましたが、代わりがいないのが厳しいです。カンテも自分が見てきた中で一番酷い出来でした。日程的に楽なのでチェルシーが優勝する可能性はまだ高いのかもしれませんが、ここからコンテがどう動くのか注目です。



ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
ご覧いただきありがとうございます。