読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

北アイルランド×ドイツ[EURO2016]


EURO2016 グループC 第3節
キックオフ:6月22日(水) 1:00

北アイルランド 0-1 ドイツ
[得点]
29分 ゴメス(ドイツ)

[北アイルランドメンバー]
マクガバーン
ヒューズ
キャスカート
マッカレー
J・エバンス
デイビス
ウォード→70分 マゲニス
C・エバンス→84分 マッギン
ノーウッド
ダラス
ワシントン→59分 ラファーティ

[ドイツメンバー]
ノイアー
キミッヒ
ボアテング→76分 ヘーベデス
フンメルス
ヘクター
ケディラ→69分 シュバインシュタイガー
クロース
ミュラー
エジル
ゲッツェ→55分 シュールレ
ゴメス

[北アイルランド採点]
7.5 マクガバーン
6.0 ヒューズ
6.0 キャスカート
6.0 マッカレー
6.0 J・エバンス
6.0 デイビス
6.0 ウォード
6.0 C・エバンス
5.5 ノーウッド
5.5 ダラス
5.5 ワシントン

5.5 ラファーティ
5.5 マゲニス
採点不可 マッギン

[ドイツ採点]
6.0 ノイアー
6.5 キミッヒ
6.5 ボアテング
6.0 フンメルス
6.0 ヘクター
5.5 ケディラ
6.0 クロース
6.5 ミュラー
6.0 エジル
5.5 ゲッツェ
6.5 ゴメス

5.5 シュールレ
5.5 シュバインシュタイガー
採点不可 ヘーベデス


[レポート]
勝てば初の決勝トーナメント進出に大きく近づく北アイルランドだったが、序盤から勢い良く前に出てくるドイツに押し込まれ、何度もゴールを脅かされる。ボール支配率がドイツがおよそ80%を占めるなど圧倒的に試合を支配する。 22分、ゴメスが落としたボールに抜け出したミュラーがボックス内に侵入するが、得点には至らない。26分には、キミッヒのクロスにミュラーがダイビングヘッド。これはポストに嫌われる。

北アイルランドは数々のピンチをGKマクガバーンを中心に跳ね返し続ける。しかし29分、ドリブルでゴール前まで侵入したミュラーのドリブルを止めきれず、その落としを今大会初先発のゴメスに詰められドイツに先制点を許してしまう。 33分、ゲッツェのグラウンダーのクロスにミュラーが合わせる。右足で放たれたシュートはバーに直撃。前半は1-0で終了。

仮に勝利した場合同じ時間帯にウクライナと試合をしているポーランドと勝ち点で並ぶ可能性があるドイツはグループ首位突破のために1つでも多くゴールを奪っておきたいところだが、後半は北アイルランドが敷く鉄壁の守備を崩しきれない。 51分、キミッヒのクロスを受けたゲッツェが至近距離からシュートを放つ。だが、この試合神懸かり的なセーブを見せるマクガバーンが立ちはだかる。

72分には先制点を挙げたゴメスが決定的なヘディングシュートを放ったが、これも守護神マクガバーンが横っ飛びでゴールの外に弾き出し追加点を許さない。9割近いパス成功率で圧倒的に攻めるドイツに対し北アイルランドは徹頭徹尾粘り強い守備で応じて見せた。 

残り5分になろうとするところで中盤のC・エバンスを下げて前節ウクライナ戦でゴールを挙げているマッギンを投入するなど攻めに出る姿勢を見せた北アイルランド。だが、ほぼ自陣内でボールが相手に動かされる状況では前に出れず決定機は全く生み出せないまま試合を終えた。 

結局ゴメスの1点しか奪えなかったものの、W杯覇者ドイツがしっかりと1-0で勝利を収めた。同時間帯の試合でポーランドウクライナに1-0で勝利したため、前者とドイツが勝ち点で並んだ。しかしドイツは得失点差でポーランドを1点上回ったため、グループ首位で決勝トーナメント進出を決めている。

なかなか点を取れないドイツでしたが、 しっかりと無失点で勝つところは流石ですね。ゴメスは2試合目のゲッツェより良かったと思います。右SBも2試合目までのヘーベデスよりキミッヒが良かったです。ただ攻められるシーンが少なかったので、守備面では評価しにくいです。しかし北アイルランドのGKマクガバーンはすごいですね。今大会はいいGKが目立ちますし、いいGKがいるチームはちゃんと勝ち上がりますね。



ーーーーーーーーーーーーーーー



なかなかブログの更新が追い付かない状況なので、このブログに速報性を求めないようにお願いいたします。

スターや読者登録ありがとうございます。本当に感謝です。

ご覧いただきありがとうございます。