読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

スロバキア×イングランド[EURO2016]


EURO2016 グループB 第3節
キックオフ:6月21日(火) 4:00

スロバキア 0-0 イングランド
[得点]
なし

[スロバキアメンバー]
コザーチク
ペカリク
シュクルテル
ドゥリツァ
フボチャン
クツカ
ペコフスキー→67分 ギョンベール
マク
ハムシク
ヴァイス→78分 シュクリニアル
ドゥダ→57分 シュヴェント

[イングランドメンバー]
ハート
クライン
ケイヒル
スモーリング
バートランド
ダイアー
ヘンダーソン
ウィルシャー→56分 ルーニー
スターリッジ→76分 ケイン
ヴァーディ
ララーナ→60分 アリ

[スロバキア採点]
7.0 コザーチク
6.0 ペカリク
6.5 シュクルテル
6.5 ドゥリツァ
6.0 フボチャン
6.0 クツカ
5.5 ペコフスキー
5.5 マク
6.0 ハムシク
5.5 ヴァイス
5.5 ドゥダ

5.5 シュヴェント
5.5 ギョンベール
採点不可 シュクリニアル

[イングランド採点]
5.5 ハート
6.5 クライン
6.0 ケイヒル
6.0 スモーリング
5.5 バートランド
6.5 ダイアー
6.5 ヘンダーソン
5.5 ウィルシャー
5.5 スターリッジ
5.5 ヴァーディ
5.5 ララーナ

5.5 ルーニー
5.5 アリ
5.5 ケイン


[レポート]
主導権を握ったのはイングランド。クラインが高い位置をとって右サイドを制圧し、何度も攻撃に関与する。だが、スロバキアの集中した守備を崩せず、なかなかゴールにはつながらない。26分にヴァーディが惜しいチャンスを迎えるが、シュートはGKに止められた。33分にはララーナに好機が訪れるも、こちらも決まらない。それでも、負けることだけは避けなければいけないイングランドは、攻守の切り替えが早い。スロバキアがカウンターに出たいところでもしっかり戻り、数的不利にならなかった。44分、ヘンダーソンがペナルティーエリア外から放ったシュートが良いコースに飛ぶが、DFが体を張ってブロック。前半は0-0で折り返した。

後半の序盤は、スロバキアがチャンスをつくった。53分、左からクロスを入れると、相手DFスモーリングが胸でGKへパス。これをマクが狙って奪いかけたが、最後はGKがキャッチする。その2分後にもチャンス。ヴァイスがペナルティーエリアに持ち込んで右足のシュートを狙ったが、ハートに止められる。すると、ピッチに入ったばかりのトアリがいきなり好機を迎える。ペナルティーエリア右の深い位置からヘンダーソンがクロスを入れると、ファーでフリーのアリがシュート。だが、ゴールに向かうボールはシュクルテルに触られてしまう。

その後はイングランドが押し込み、スロバキアが守る形。前半よりも深い位置での守備となり、危険なシーンが続く。終盤はさらにスロバキアに試練が続く。85分にマクが負傷してピッチの外に出ると、メディカルスタッフは交代を要求するジェスチャー。だが、すでに交代枠を使い切っており、マクは足を引きずりながらピッチに戻る。他会場でウェールズがリードしていることから、引き分けでは2位通過となるイングランドとしては勝ちたい展開。しかし、満身創痍のスロバキアが耐え抜いて0-0で試合終了の笛が鳴っている。

これまた微妙な試合でしたね。良かったのはヘンダーソンとクライン。ダイアーは3試合とも良かったです。スロバキアはマクの状態が心配ですが、今回無失点に抑えられたのはある程度自信になると思います。1回戦はドイツとの対戦でかなり厳しいと思いますが、ドイツも調子が良くないのでもしかしたらもしかするかもしれません。ハムシクの活躍に期待したいです。



 ーーーーーーーーーーーーーーー



なかなかブログの更新が追い付かない状況なので、このブログに速報性を求めないようにお願いいたします。

スターや読者登録ありがとうございます。本当に感謝です。

ご覧いただきありがとうございます。