サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

スペイン×チェコ[EURO2016]


EURO2016 グループD 第1節
キックオフ:6月13日(月) 22:00

スペイン 1-0 チェコ
[得点]
87分 ピケ(スペイン)

[スペインメンバー]
デ・ヘア
ファンフラン
ピケ
S・ラモス
アルバ
ブスケッツ
セスク→70分 チアゴ
イニエスタ
シルバ
モラタ→62分 アドゥリス
ノリート→82分 ペドロ

[チェコメンバー]
チェフ
カデラベク
シボク
フブニク
リンベルスキー
ダリダ
プラシル
セラシェ→86分 シュラル
ロシツキ→88分 パベルカ
クレイチ
ネチド→75分 ラファタ

[スペイン採点]
6.0 デ・ヘア
5.5ファンフラン
6.5 ピケ
6.0 S・ラモス
5.5 アルバ
6.0 ブスケッツ
5.5 セスク
7.0 イニエスタ
6.0 シルバ
6.0 モラタ
5.5 ノリート

6.0 アドゥリス
5.5 チアゴ
採点不可 ペドロ

[チェコ採点]
6.5 チェフ
6.0 カデラベク
6.0 シボク
6.0 フブニク
6.0 リンベルスキー
6.0 ダリダ
6.0 プラシル
6.0 セラシェ
6.0 ロシツキ
6.0 クレイチ
5.5 ネチド

5.5 ラファタ
採点不可 シュラル パベルカ


[レポート]
スペインは序盤こそチェコのプレッシングを前に苦戦を強いられたが、徐々に相手を押し込んでいき、チャンスを生み出していく。しかしチェコの絶対的守護神GKチェフの存在やシュートの精度を欠いたことによって、先制点を奪うまでには至らない。16分、ペナルティーエリア内右に侵入したシルバの折り返しかにモラタが合わせるも、ボールはGKチェフの正面へ。モラタはさらに30分にペナルティーエリア内からボールを叩いたがこれは枠の左へと外れ、その5分後にブスケッツが放ったボレーシュートも枠を捉えることができなかった前半はスコアレスで終了。

スペインは再スタートの直後に猛攻を仕掛けたものの、イニエスタのロングボールからモラタが打ったシュートはチェコDFのブロックによってポストに当たり、その直後のCKからS・ラモスが放ったシュートも決死の守備を前にゴールとはならず。スペインは58分、セットプレーからフブニクに守備網を突破されるも、同選手がフリーで放ったシュートはGKデ・ヘアが横っ飛びでキャッチし、何とか事なきを得る。65分、チェコは右CKのショートコーナーからファーサイドのセラシェが頭で折り返すが、セスクにクリアされる。

しかしながら、その後もスペインが決定力を欠き続ける状況は変わらない。73分にシルバがペナルティーエリア手前から放ったシュートは枠をわずかに外れ、77分にはアドゥリスがオーバーヘッドシュートを繰り出すも、こちらも枠を逸れている。

終盤もイニエスタのゲームメイクからチェコを自陣に押し込み続けたスペインだったが、ゴールは変わらず遠いままで、0-0のまま終了を迎えるのかと思われた。だが87分、ピケが渇望し続けたそれをついに獲得することに成功。前線に残り続けていたピケは、ペナルティーエリア内左のイニエスタが上げたクロスに頭で合わせ、チェフの牙城を破った。後半アディショナルタイムチェコは焦って攻撃に転じたもののゴールならず。スペインが1-0で勝利した。

スペインがチェコの守備を崩せるかどうかの試合でしたが、予想通りスペインがなかなか点を取れず苦戦する展開になりました。(スペインは直前の親善試合でジョージアに0-1で敗れています。)結果として1点取ることができましたが、その1点もイニエスタのクロスからCBピケのヘディング。どうしても得点力に問題を抱えたままだと感じてしまいます。もちろんCBのラモスやピケが点を取れるというのは一つの武器として誇れますが、さすがにそれだけでは優勝は難しいでしょう。MFとDFは素晴らしいので、FWが点を取れるかどうかが、スペインが優勝できるかどうかのポイントになると思います。チェコは対スペイン用の戦い方だったので評価が難しいですね。トーナメント進出の可能性は十分にあると思います。このグループは予想が難しいですね。



ーーーーーーーーーーーーーーー



今のところEUROはスイス×アルバニア以外全て見てるのですが、なかなかブログの更新が追い付かない状況です。このブログに速報性を求めないようにお願いいたします。またコパも少しずつ見ていくつもりです。

スターや読者登録ありがとうございます。本当に感謝です。

ご覧いただきありがとうございます。