サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

アルゼンチン×チリ[コパ・アメリカ]


コパ・アメリカ センテナリオUSA 2016
キックオフ:6月7日(火) 11:00
 
アルゼンチン 2-1 チリ
[得点]
51分 ディ・マリア(アルゼンチン)
59分 バネガ(アルゼンチン)
90+分 フエンサリーダ(チリ)
 
[アルゼンチンメンバー]
ロメロ
フネス・モリ
ロホ
A・フェルナンデス
ガイタン→87分 クラネビッテル
バネガ
ディ・マリア→80分 ラメラ
 
[チリメンバー]
ブラーボ
イスラ
メデル
ハラ
メナ→54分 オレジャーナ
ディアス
アランギス→82分 フエンサリーダ
サンチェス
バルガス→68分 ピニージャ
ボセジュール
 
[アルゼンチン採点]
6.0 ロメロ
6.0 フネス・モリ
5.5 ロホ
6.0 A・フェルナンデス
6.0 ガイタン
7.0 バネガ
 
採点不可 ラメラ クラネビッテル
 
[チリ採点]
5.5 ブラーボ
5.0 イスラ
5.5 メデル
5.5 ハラ
5.5 メナ
5.0 ディアス
5.0 アランギス
6.0 サンチェス
5.0 バルガス
5.0 ボセジュール
 
5.5 オレジャーナ
5.5 ピニージャ
採点不可 フエンサリーダ
 
 
[レポート]
前回大会決勝のカードがいきなり実現。メッシは怪我の影響でベンチスタート。2分、ディ・マリアのクロスにガイタンが頭であわせるもクロスバーを叩く。30分、チリがボールを奪い最後はサンチェスがシュートするもロメロのファインセーブ。その後のサンチェスのFKも枠を捉えていたがロメロにキャッチされる。前半はスコアレスで終了。
 
51分、バネガが高い位置でボールを奪いディ・マリアへパス。パスを左で受けたディ・マリアがブラーボのニアサイドを抜くシュートを決めて先制する。59分、今度はディ・マリアのパスを左で受けたバネガがシュート。これがイスラに当たりわずかにコースが変わり再びブラーボのニアサイドを抜く形となった。アディションタイム、FKからフエンサリーダがヘッドで決めて1点を返すも時すでに遅し。アルゼンチンがチリを2-1で下し、前回大会のリベンジを果たした。
 
どちらも激しく強かったのですが、アルゼンチンの方が一枚上手でした。ディ・マリアとバネガが好調なようで前線を牽引、イグアインとガイタンも自らの役割を果たし奮闘していました。4バックとA・フェルナンデスとマスチェラーノの守備も強固でチリはかなり苦戦してました。つまり攻守ともにかなりよかったということです。交代でアグエロ、ラメラ、クラネビッテルが出てきて、さらにメッシ、ラベッシパストーレが控えるなど選手も揃っており、優勝候補筆頭だなと改めて思いました。
 
チリは悪くなかったのですが、攻撃が少し物足りない感じがしました。サンチェスとビダル頼みなのはしょうがない気もしますが、周りの頑張りがないと流石に勝てません。サンチェスは好きですし、ワールドクラスの選手だと思いますが、1人でチームを勝たせるレベルではないです。2失点した守備も褒められたものではないですが、アルゼンチンの攻撃陣相手に無失点で勝つのは難しいです。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
日本代表の記事は明日の予定。
 
ご覧いただきありがとうございます。