読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

リバプール×ドルトムント[EL]

EL リバプール ドルトムント 名勝負
 
2015-16シーズン UEFA EL 準々決勝 2nd leg
キックオフ:4月15日(金) 4:05
 
[得点]
48分 オリジ(リバプール)
57分 ロイス(ドルトムント)
77分 サコ(リバプール)
90+分 ロヴレン(リバプール)
*2試合合計5-4で準決勝進出
 
[リバプールメンバー]
クライン
ロヴレン
サコ
ジャン→80分 ルーカス
ララーナ→62分 アレン
フィルミーノ→62分 スターリッジ
オリジ
 
[ドルトムントメンバー]
ピスチェク
ヴァイグル
香川→77分 ギンター
ロイス→83分 ラモス
 
6.0 クライン
6.0 ロヴレン
6.0 サコ
6.0 ジャン
5.5 ララーナ
6.0 フィルミーノ
7.0 オリジ
 
6.0 アレン
採点不可 ルーカス
 
5.0 ピスチェク
6.0 ヴァイグル
6.0 香川
6.5 ロイス
 
5.0 ギンター
採点不可 ギュンドアン ラモス
 
 
[レポート]
↓ 1st leg
両チームとも4-2-3-1でスタート。開始からわずか5分、香川からカストロにパスを出すとカストロがゴール前に浮き玉のパスを出し、オーバメヤンボレーシュート。GKに弾かれたボールをムヒタリアンが押し込み先制する。さらに9分、ロイスのスルーパスに抜け出したオーバメヤンが決めて0-2に。リバプールの反撃も及ばず前半は0-2で終了する。勝ち上がるにはあと3点必要な厳しい状況でハーフタイムへ。
 
ハーフタイムにクロップ監督から「子供や孫に語れることをやろう」と激励を受けたリバプールの選手たちは反撃を開始する。48分、ジャンのスルーパスを受けたオリジが決めて1点を返す。
 
しかし57分、フンメルスのスルーパスに抜け出したロイスが右足で決めて1-3とする。リバプールは勝ち上がるには再びここから3点が必要になった。
 
66分、ミルナーとのワンツーからコウチーニョペナルティーエリア手前から強烈なシュートを右足で決めて2-3に。さらに77分、香川が交代した直後のCKにサコが合わせて3-3とする。こうなると流れはリバプールへ。そしてついに後半アディショナルタイム、右サイド低い位置からのFKを右サイドに流れたスターリッジへ出し、スターリッジが走り込んだミルナーへパス。ミルナーがクロスを入れるとロヴレンが合わせてついに逆転。終了間際にギュンドアンがFKを蹴るも枠の外。リバプールが4-3で勝利し、2試合合計5-4で準決勝進出を決めた。
 
リアルタイムで見ていたのですが、本当に感動しました。前半0-2で折り返したときは正直決まったと思いましたよ。すいません。リバプールのファンになります。オリジとコウチーニョミルナーが良かったです。あとクロップ最高!
 
 
 
EL準決勝組み合わせ
シャフタール×セビージャ
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
ご覧いただきありがとうございます。