サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

トッテナム×マンチェスター・ユナイテッド[プレミアリーグ]

 
2015-16シーズン プレミアリーグ第33節
キックオフ:4月11日(月) 0:30
スタジアム:ホワイト・ハート・レーン(ロンドン)
 
 
[得点]
70分 アリ(トッテナム)
74分 アルデルヴァイレルド(トッテナム)
76分 ラメラ(トッテナム)
 
[トッテナムメンバー]
ロリス
ウォーカー
アルデルヴァイレルド
ヴェルトンゲン
ローズ
ダイアー
デンベレ
ラメラ→87分 シャドリ
アリ→90+分 メイソン
ケイン→89分 ソン
 
[マンUメンバー]
フォス=メンサー→68分 ダルミアン
ブリント
ロホ
マタ→76分 デパイ
リンガード
シュネデルラン
マルシャル
ラッシュフォード→46分 ヤング
 
6.0 ロリス
6.0 ウォーカー
6.5 アルデルヴァイレルド
6.0 ヴェルトンゲン
6.5 ローズ
6.0 ダイアー
6.5 デンベレ
6.5 ラメラ
6.5 アリ
6.0 ケイン
 
採点不可 シャドリ ソン メイソン
 
[マンU採点]
6.5 フォス=メンサー
6.0 ブリント
5.0 ロホ
5.5 マタ
5.5 リンガード
5.5 シュネデルラン
6.0 マルシャル
5.5 ラッシュフォード
 
5.0 ヤング
5.0 ダルミアン
5.0 デパイ
 
 
[レポート]
2位トッテナムと5位ユナイテッドの対決。トッテナムは優勝に向けて、ユナイテッドはCL出場に向けて負けられない一戦。試合は渋滞の影響でユナイテッドの到着が遅れたため、30分遅れてのキックオフとなった。前半はお互い枠内シュート0で終えました。
 
ユナイテッドは後半開始時にラッシュフォードを下げてヤングを投入。ヤングはそのまま1トップの位置に入った。
 
70分、エリクセンの左サイドからのクロスにアリが合わせて先制。74分、左サイドからのFKをラメラが蹴るとアルデルヴァイレルドが頭で決めて追加点。さらに76分にはローズのクロスをラメラが合わせて3-0としました。試合はこのまま終了し、トッテナムは優勝への望みをつなぎました。
 
MOMはエリクセン。持ち前のパスセンスで攻撃のアクセントとなり、先制点のアシストは素晴らしかったです。ユナイテッドはデ・ヘアが相変わらず安定したセーブで好印象も、3失点でそれも実らず。DFはケインを封じることができていたものの、反省が必要です。特にロホとダルミアン。フォス=メンサーは良かっただけに怪我での交代が悔やまれますね。
 
トッテナムは次節アウェイでストークと対決。昨シーズンはアウェイで0-3で敗れており、今シーズンのホームでも2-2のドロー。相性がいいとは言えず、厳しい戦いになりそうですが優勝のためにはもう負けは許されません 。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
今週もCL&ELが楽しみです。
 
ご覧いただきありがとうございます。