サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

ドルトムント×リバプール[EL]

 
2015-16シーズン UEFA EL 準々決勝 1st leg
キックオフ:2016年4月8日(金) 4:05
スタジアム:シグナル・イドゥナ・パーク(ドルトムント)
 
 
[得点]
36分 オリジ(リバプール)
 
[ドルトムントメンバー]
ヴァイデンフェラー
ピスチェク
ベンダー→76分 パパスタソプーロス
ヴァイグル
ドゥルム→46分 シャヒン
ロイス
オーバメヤン→77分 プリシッチ
 
[リバプールメンバー]
クライン
ロヴレン
サコ
ジャン
ヘンダーソン→46分 アレン
ララーナ→77分 フィルミーノ
オリジ→84分 スターリッジ
 
6.5 ヴァイデンフェラー
6.0 ピスチェク
5.5 ベンダー
6.5 ヴァイグル
5.0 ドゥルム
5.5 ロイス
 
5.5 シャヒン
5.5 プリシッチ
 
6.5 クライン
6.5 ロヴレン
6.5 サコ
6.0 ジャン
5.5 ヘンダーソン
6.0 ララーナ
6.5 オリジ
 
6.0 アレン
6.0 フィルミーノ
採点不可 スターリッジ
 
 
[レポート]
まさに漫画のような運命的な対決。ドルトムントの前指揮官クロップ率いるリバプールと、今シーズンからクロップの後を継いだトゥヘル率いるドルトムントの対決です。香川はベンチスタート。
 
序盤はドルトムントがボールを支配しチャンスを作るもリバプールも決定機は作らせない。耐え続けたリバプールは36分にオリジのゴールで先制。前半は0-1で折り返します。
 
48分、ショートコーナーからムヒタリアンがクロスを入れるとフンメルスが頭で合わせて同点とします。
 
51分にはコウチーニョを中心に立て続けに3本のショートを放つも、ヴァイデンフェラーに全て止められゴールならず。その後はどちらも勝ちを狙いに攻めますが、お互い集中力を切らさず試合終了。1-1のドローで終わった。
 
MOMはフンメルス。攻守ともに完璧に近く、いなかったらドルトムントが負けていてもおかしくないと思いました。パス上手いし点も決めてくれるし流石です。ヴァイデンフェラーも凄かったですね。フンメルスのゴールがなかったらヴァイデンフェラーをMOMに選んだかも。
 
リバプールはチーム全員が良くハードワークしてました。ヘンダーソンだけ5.5なのはそれだけ期待しているからです。ジャンはパス上手くなれば最高なんですけどね。クラインは相変わらずすごい。プレミア最高のSBだと思ってます。
 
リバプールアウェイゴールを奪えたので1-1でも満足できる結果だと思います。ドルトムントはもう1点取りたかったですね。次は香川も見たいです。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
週末は
サンダーランド×レスター
を見る予定。かなりハードだけど楽しみです。
 
ご覧いただきありがとうございます。