サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

バルセロナ×レアル・マドリー[リーガエスパニョーラ]

 
2015-16シーズン リーガエスパニョーラ第31節
キックオフ:2016年4月3日(日) 3:30
 
 
[得点]
56分 ピケ(バルセロナ)
62分 ベンゼマ(マドリー)
85分 C・ロナウド(マドリー)
 
[バルセロナメンバー]
ブラーボ
D・アウベス
ピケ
アルバ
メッシ
 
[レアル・ マドリーメンバー]
ナバス
カルバハル
ペペ
S・ラモス
マルセロ
カゼミーロ
クロース
ベイル
 
5.5 ブラーボ
5.5 D・アウベス
6.0 ピケ
5.5 アルバ
5.5 メッシ
 
5.5 アルダ
 
7.0 ナバス
5.5 カルバハル
5.5 ペペ
5.5 S・ラモス
6.5 マルセロ
6.0 カゼミーロ
6.0 クロース
6.0 ベイル
 
採点不可 ヘセ バスケス
 
 
[レポート]
前回の対戦では0‐4で負けているマドリーのリベンジなるか。バルセロナはいわゆるいつものメンバーとフォーメーション。マドリーはアンカーにカゼミーロを配置しイスコとハメスをベンチスタートにしました。
 
序盤からバルセロナが試合を支配。しかし疑惑の判定やナバスの好セーブもありつつもMSNの3人が決定機を決められず。
 
56分にピケがラキティッチが蹴ったCKからゴール。バルセロナに先制を許したマドリーは反撃へ。62分、マルセロが左サイドから中へドリブルしクロースへパス。クロースがクロスを上げるとDFに当たり最後はベンゼマがオーバーヘッドで決めて同点。79分にはベイルがヘディングで決めるもファウルで取り消しに。83分にはS・ラモスが2枚目のイエローカードで退場。しかしマドリーは逆転に向けて攻め続けます。85分、ベイルのクロスを胸でトラップしたC・ロナウドがブラーボの股を抜くシュートを決めて逆転。1人少ないながらも守りきったマドリーが勝利しました。
 
個人的なMOMはナバス。19分のラキティッチ、54分のメッシのシュートはどちらもコースをついた良いシュートでしたが、どちらもナバスが弾き出したのが印象的でした。どちらか1つでも入ってたら、勝敗は変わっていたかもしれません。失点のシーンはノーチャンスだったと思います。もしデ・ヘアが移籍して来ることになっても、ナバスは引く手数多でしょう。
 
バルセロナは控えが…
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
どちらのチームもCL勝ち残っているので今シーズン中の再戦もあるかもしれませんね。
 
ご覧いただきありがとうございます。