読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーを見よう

見た試合について書いていきます

ドイツ×イタリア[親善試合]

親善試合

国際親善試合
キックオフ:2016年3月30日(水) 3:45
 
 
ドイツ 4-1 イタリア
[得点]
24分 クロース(ドイツ)
45分 ゲッツェ(ドイツ)
59分 ヘクター(ドイツ)
75分 エジル(ドイツ)
83分 エル・シャーラウィ(イタリア)
 
[ドイツ代表メンバー]
テア・シュテーゲン
ルディ
リュディガー
ムスタフィ
ヘクター→85分 ギンター
クロース→90分 クラマー
ミュラー→69分 ジャン
ドラクスラー→85分 フォラント
ゲッツェ→61分 ロイス 
 
[イタリア代表メンバー]
アチェルビ
ダルミアン
フロレンツィ→61分 デ・シルベストリ
モッタ→68分 パローロ
ジャッケリーニ→68分 エル・シャーラウィ
ベルナルデスキ
ザザ→78分 アントネッリ
インシーニェ→68分 オカカ
 

[ドイツ代表採点]
5.5 テア・シュテーゲン
6.5 ルディ
6.0 リュディガー
6.0 ムスタフィ
6.0 ヘクター
7.5 クロース
7.0 ドラクスラー
 
5.5 ロイス
5.5 ジャン
採点不可 ギンター フォラント クラマー
 
[イタリア代表採点]
5.0 アチェルビ
5.0 ダルミアン
5.0 フロレンツィ
5.0 モッタ
5.0 ベルナルデスキ
5.5 ザザ
6.0 インシーニェ
 
5.0 デ・シルベストリ
5.0 パローロ
5.5 オカカ
6.0 エル・シャーラウィ
採点不可 アントネッリ
 
 
[レポート]
バイエルン・ミュンヘンのホームスタジアムということで、バイエルン代表取締役であるカール=ハインツ・ルンメニゲバイエルン所属のリベリーが見に来てました。
 
ドイツは5-4-1、イタリアは3-4-3でスタート。どちらも積極的に攻めるわけではなく落ち着いた展開。ドイツは連携して攻めるのに対してイタリアは個人でこじ開けようとしていました。しかしドイツの5バックを崩すことはなかなか出来ませんでした。
 
ドイツはクロースの素晴らしいミドルシュートで先制するとミュラーのクロスにゲッツェが合わせて追加点。前半を2-0で終えます。先日のイングランド戦で逆転負けをしていたからか攻めを緩めることはなく、ドラクスラーがゲッツェとのコンビネーションで抜け出すと引きつけて中に入ったヘクターへパスし、ヘクターがそのままがら空きのゴールへ決めます。その後クロースのロングフィードでルディが裏を取りブッフォンに倒されてPKに。エジルが決めて4-0になります。
 
対するイタリアはオカカのパスを受けたエル・シャーラウィがミドルシュートを放つとリュディガーに当たってコースが若干変わりゴール。これが唯一のゴールとなりました。
 
インシーニェとエル・シャーラウィはこの日イタリアで良かった数少ない選手でしたね。少しですが可能性を感じました。逆に他がダメダメでEUROが不安になりました。W杯以来イタリアの試合を見てなかったのでなんとも言えませんが、マルキージオやヴェッラッティがいないとダメなんですかね。
 
ドイツは攻撃文句なし。クロースとエジルを中心にイタリアを圧倒してました。エジルは本来より一列後ろでの起用でしたが上手くこなしていましたね。オプションとしてはありだと思いました。
 
守備もほぼ完璧でしたが、セットプレーとミスから危ないシーンがありました。テア・シュテーゲンも危ないシーンが何回かあり、良いアピールは出来てないように思いました。ドイツには良いGKが多いので得たチャンスを活かさないとマズイです。まだ若いので今後に期待。
 
個人的なMOMはクロース。ピルロシャビ・アロンソかという感じで中盤の底から良いパスを連発。簡単じゃないゴールも決めて素晴らしかったです。
 
ちなみに
ドイツがイタリアに勝ったのは21年ぶり
らしいですよ。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
リバプールとドイツ代表で活躍するエムレ・ジャン選手。エムレ・「ジャン」かエムレ・「カン」かどっちか人やサイトによって違いますよね。どっちが正しいとかはないらしいので、自分は「ジャン」で慣れているので今後も「ジャン」でいきます。ちなみにクロップ好きなのでリバプールも応援してます。
 
ご覧いただきありがとうございます。